その、もっともっと健康をとの選びの先に幸福はありますか?

【コマ・ベレニケス】幸福があるようにしてあげてください

両親の看護・介助が大変!心労をためない知識

   

7b55b1d13ddb8f21aa8a55abe553eb14_s自分だけでケアするとなると、必然的に心痛が溜まりがちなものです。相談出来る相手を持たないときはインターネットを活用する事も選択肢になります。検索すればケアサービスのサイトに加え看護・介助経験者が作成したウェブログといった、何かしら使えそうなページはいっぱいあるものです。介助と看護関係サイトなどを使って、介助・看護の経験者と交流することができます。名も顔も分からない相手でも、共通の悩みを抱えていることでいろいろな助言を貰えるでしょうし、そういったコミュニティーで繋がりを持つ事は大変大事です。ケア上の相談事が出てきたら、なるべく身近にいる人間に相談するのがお勧めです。自分でなんでも解決をしなくては、こういった責任感は素晴らしいとはいえ、やはり頼りになる知人の存在はとても心丈夫なものでしょう。心労は日々溜め込まないよう留意してください。

両親の介助と看護が大変…心的負担軽減の為の豆知識

介護を必要とする原因としては、一般的には脳梗塞・老年性認知症等の症状、或いは転倒による外傷が想定されるでしょう。何の備えもろくになくいきなり介助と看護の難題に出くわす際には、とまどいも大きい事でしょう。そういう時は関連機関に相談することで対処していきましょう。30歳代で既に父母を介助・看護している人は、配偶者がいる人と独り身で相談事の由来も違ってきます。独り身の方実両親ですが、既婚者でしたら舅・姑を介護する可能性もある為です。とにかく、困りごとを決して1人で抱えないようにして下さい。看護・介助のストレスについては、自発的に近しい人に告白してみて下さい。独力で全部片付けよう、と言う心構え自体は尊いものではありますが、何かに付けて頼れる友人の存在は中々気丈夫なものです。ストレスは常々溜め込まず、解決するように意識していきましょう。

 - 医療・介護